田舎暮らしの問題点

田舎暮らしは自然に囲まれ、静かで穏やかに過ごすことができます。

空気は澄んでいて水も透き通って、健やかな生活することができます。
田舎暮らしをしたいときに田舎の物件を購入するときは、
畑や田がついている物件も多いですし、
さらに不動産価格が安いのも魅力です。

畑があれば、自分で家庭菜園をすることができ、
採れたての作物を味わえることができます。

ただ田舎暮らしは良いところがたくさんありますが、問題点もいくつかあります。

その1つは仕事が少ないということです。
田舎は人口が少ないため企業が一定の売り上げを見込めないと
判断することが多くなります。

そのため店舗の出店数が少ないため、雇用も少ないのが現状です。
仕事がなければ収入を得るのも難しいですし、
また都会と比べて田舎はパートやアルバイトの場合でも
賃金は低めに設定されているので、同じ仕事の内容や量でも
収入が少ないという問題点があります。

また、そのほかの問題店として人口が少ないので
買い物をするお店が少ないことがあげられます。
自家用車を持っていなければ、日用品や生鮮食品などを購入するのが難しいことや、
万が一のときに大きな病院に診察してもらいたいときも
移動時間が長いという問題点があります。